高く売るコツ

レクサスの買取ならレクサス買取.net TOP > 高く売るコツ

内装と外装はできるだけきれいにしましょう。

査定はクルマの状態を確認するのはもちろん、どのように使われてきたかも含めて判断します。汚れだけでは査定額に影響はありませんが、大事に乗られてきたクルマは見た目に比例して状態も良いものです。より高額査定を狙うなら洗車をおすすめします。
また、意外と気づかないものですが、トランクルームの整理整頓も好印象につながります。査定士にとってそんなところも、大事に乗られてきたことが実感できるポイントなのです。

軽度のキズやヘコミは事前に修理しましょう。

キズや凹みをメーカーの保証範囲内で修理できる場合や、軽度でコンパウンドで磨けば消える程度の小さなキズや浅いヘコミなどは事前に修理しておきましょう。そうでない場合は、修理代以上に査定金額がアップすることはまずありません。逆に、修理の費用や期間のために損をしてしまうことがあります。
現状でついているキズや凹みが、すべてマイナス要素になるとは限りません。本当にキレイに直すには修理代はかなり高くつきますし、またタッチペイント等で簡単に済ませるとかえってキズ跡が目立つこともあるのです。
査定ではその車種の経過年数や人気度など、トータルな要素で中古車市場における価値を判断しますので、まずはそのまま査定を受けてみることをおすすめします。
ただし、買い取り後に大きな修理が必要となるようなキズや凹みは、次の売却までの期間が長くなり査定額は下がりがちです。直してからのほうが高額査定を期待できるかもしれません。

社外品のパーツも評価の対象に!

査定の際にアルミホイール・オーディオ・カーナビ・シート・エアロパーツ・マフラー・サスペンション等のパーツは 当然評価の対象になる場合もあります。メーカーオプションはもちろん、多機能の社外ナビゲーションやカーオーディオの場合も プラスになる場合があります。

純正品も用意しておきましょう!

純正品も高額査定のポイントになります。取り外した純正品も忘れずに持ってきて頂けるとより高額査定につながるかもしれません。

保証書と整備記録簿の保管

メーカー保証を受けるための保証書と、過去実施された整備記録簿も高額査定のポイントになります。きちんと保管しておき、査定の際には用意できるようにしておきましょう!

アピールポイントをまとめておきましょう

どんな些細なことでも、大切に乗られてきたポイントや、カスタム履歴はどんどんアピールして下さい。
査定が始まった時にあわててアピールしても、なかなかすべてを伝えるのは難しいものです。愛車に付いているオプションなど、アピールできるポイントはあらかじめメモなどにまとめておきましょう。他に、純正品の有無、引渡しの条件(例えば、ナビは外して売りたい)などを書き留めておくと良いでしょう。

事故歴や故障は隠さない

査定する時になって鈑金箇所についてたずねると、『あっ、そういえば』というご返事をいただくことがあります。
査定士はその道のプロですからきちんと確認すればわかることですが、お客様からの正確な情報は高額査定をひきだすポイントにもなるのです。自分でわかる事故歴や故障は前もって査定士に伝えておきましょう。

今すぐ無料査定をする